ブログを始めました。

河野泉です。2015年1月25日から、ブログを始めました。

日本はぞっとするほどの恐ろしい事態にあるのではないでしょうか

安倍首相の日本のかじ取りには底知れない恐ろしさを感じてきました。何故かがはっきりしない不気味な恐ろしさでした。その理由が分かりかけてきたように感じています。それは「ご自分のしていることがどのようなことなのか理解できないまま、理解しようともしないまま、政治を続けているように見える」ということでしょうか。言い換えると「個人、社会、日本国民、世界の人々にどのような結果をもたらすのか、その影響・結果をイメージしないままあるいは出来ないまま、すなわち自身が何をしているのか理解しないまま、手にした権力さえあれば何でもできると信じて、政治を続けているように思える」ということです。例を挙げるなら、①改憲という最も重大な公約の実行に移りつつありますが、自身が憲法第13条を知らないままに、また、「立憲主義」がどのようなことかを知らない人物に改憲草案作りの重要な任務を与えて、その行動を開始していたというのです。②日本は平和国家としてこの70年間過ごしてきたことを挙げて、今後も軍事大国・侵略国家にならないことの保障の様に言いながら、集団的自衛権の行使を閣議決定し、平和国家であることの最も確実な保障である平和憲法を廃棄しようとしています。この憲法があってこそ平和国家日本が世界に受け入れられていたにもかかわらずです。あたかも憲法とは何なのか、現憲法の内容がどのようなものか分かっていないのではとも思えてきます。③国民の暮らしを善くすると言いながら、「日本を世界一企業が活動しやすい国にする」政策を進めています。このような国の国民の暮らしは悪化することはあっても改善することはないのが道理だということを理解できないか、理解しようとしないのです。このような例に満ち溢れているのが安倍政治であることは誰の目にも明らかではないでしょうか。国民の暮らしにも憲法にも目を閉じて政治を行っているとも言えます。

視点を替えてみると、論理的な、一貫した根拠もなく、「70年も変えていないから改憲をする」、「世界一企業が活動しやすい国にする」、「消費税を引き上げ、法人税は下げる」、「原発の再稼働をする」などということが政策だとして、どのような批判がで、実害が生じようと、筋の通った論理的根拠も挙げられないまま、現実を見ようともしないで、その批判も実害もを受け入れようとはしません。しかも、選挙制度の問題もあって、自民党内に首相に諫言をできる人もいなくなっています。言わば自民党内は、あるいは与党内は、すでにファッショ体制が出来上がっているのです。こうして今、日本の政治は踏み込んではならない方向に進められようとしています。ですから底知れぬゾッとする恐ろしさを感じてきたのだと思い当たったのです。


「ブログを始めました。」への8件のフィードバック

  1. 河野泉先生 お元気でいらっしゃいますか? 以前 先生に診て頂いていた
    クマダと申します。
    先生が 引退されてから息子20才
    は自分でOリングしながら生活していましたが、私の方が限界を感じていまして、すがる思いで書いてしまっています。この場が 個人の相談場所ではないことは承知していますが
    どうしようもなく…
    今までは内面の方がアレルギー反応が強かったのですが2年ほど前からは
    皮膚表面にケロイド状になったり
    皮がめくれて痛々しくなったり。皮膚科の受診を勧めても聞いてくれません。
    それをしてしまったら
    今まで河野先生の教えでやってきたことが無意味になると言うのです。
    ですが、 剥き出しになっている皮膚を治療しないのは感染しやすいのでは?と心配でなりません。
    どのように話しをしたら
    良いでしょうか。
    また、何か解決につながる
    助言が頂きたいです。
    宜しくお願い致します。
    (市民診療所に15年通っていました)
            7/10クマダマユミ

    1. 久間田匠さんには2019年9月1日に電話を差し上げ、体調良好とのことでしたので安心していました。皮膚のケロイドはかつては大豆アレルギーで、その除去で改善していましたが、最近は出会ってはいませんでした。いずれにしても退職する約8か月前に患者さんすべてが悪化して、オーリングテストでは、すべての食物だけでなくあらゆる環境物質が原因になっていて、その様な状態が繰り返し起こるのが実はすべての物質の存在様式だと気がつき、すべての物質が『有害作用』、を持つ状態になったときには非常な悪化が起こると考えて対策を考えてきました。その対策方法をどこまで伝えられていたかをすべての患者さんで記憶できていませんので、電話をください。文章では長くなるので電話で説明したいと思います。少なくとも個々の食物や環境物質に対する対策では、区遺族的な治療は難しくなっていると考えています。
      電話は047‐462-9252です。

      1. 先日は、ありがとうございました。
        気持ちが 救われました。
        ご丁寧に説明いただいて
        光が見えたと思います。

        ですが、前回診療所で頂いた塗り薬が合わなかったみたいで
        今日は皮膚が赤く腫れ
        軽度の火傷の様な皮膚表面に
        なっていたので心配です。
        診療所に行けば
        カルテがあるので今まで処方をしてもらった薬を出してもらったらどうかと本人に伝えてましたが
        無駄だとばかりに聞き入れてもらえません。
        側で見ていて今回の症状が重く感じます。皮膚表面が 軽度の火傷の
        様になっているので心配でなりません。オーリングでの食の改善は
        もちろんですが、皮膚の保護のために診療所か皮膚科に行く様に伝えたいのですが どうしたら良いでしょうか…

  2. 先生の訳書マンデルから真実のアレルギーに開眼した50代男性です。

    最近アレルギーに重要な情報が入りました。ワクチンの副反応に苦しむ方からの情報です。

     腎臓専門医の宮城県の堀田修医師がIgA腎症から再発見されました。その患者の扁桃にリンパ球の死がいである膿栓が頻繁にあることに気付き、扁桃腺摘出とステロイドパルスを行ったところIgA腎症が寛解するようになりました。そして寛解しない患者に上咽頭のBスポット治療を加えたところより寛解率が上がりました。

    慢性上咽頭炎は目で見ても全く分からない場合が多いそうです。そこに麺棒で塩化亜鉛の0.5~1パーセントの溶液を塗るとそこに炎症がある場合血が付き激しく痛むそうです。Bスポット治療は診断と治療を兼ねています。そうしたところ別の症状も持った患者が治癒したそうです。関節リュウマチや膠原病、アレルギー疾患、化学物質過敏症、電磁波過敏症、ワクチンの副反応も消えた患者が出てきているそうです。全く驚きです。

    60年以上前に東京医科歯科大の堀口申作教授がBスポット治療を考案されましたが、その弟子にあたる田井宜光医師は更に6スポット療法として発展させました。

    http://tanoi6.com/3_1.html

    先生が生涯にわたって治療研究されてこられた巨大なアレルギーに簡便かつ有効な治療法が加わろうとしています。

    1. Bスポットなどを利用した治療については、耳鼻科的な診療技術が必要と思われ、私には実施できそうもありません。

    2. しばらくHPなどから離れていましたので失礼いたしました。貴重なことを押せていただきありがとうございます。Bスポット療法については大いに関心があるのですが、耳鼻科的なテクニックが必要と思い、それがないので手を出していません。3年前に食物アレルギーの患者さんに理解不可能な変化が起こり(複数の食物の摂取でほぼすべてで異常反応が生じる)、アレルギーでは説明不可能となっていて、食物不適合と称しています。この状態に対応できなければ治療は不十分になると考えましたが、何とか対応をしていますが、現在はその対応方法と病態の変化とのせめぎ合いとなっています。希望的見通しではすべての食物不適合に対して対応が可能となるのではと感じているところです。

    3. 2年以上前にコメントを戴いていましたが、ブログの操作方法もよく理解できないまま過ごしていました。最近『アレルギー』に関する発信はホームページよりもブログの方が適切と感じていたところでしたが、World PressにログインできなくなってしまっていたためHPの更新もできずにいました。少し前からログイン可能となり、本日偶然にこの記入が可能になったところです。
      Bスポットについては随分前に知る機会がありましたが、耳鼻科的な手技を持たないために、関心は持っているのですが、実行したことはありません。重要な情報を戴いておきながら長く返信もせずにいたことをお詫びいたします。と同時にブログにその後の『アレルギー』について述べていこうと思っています。

    4. 貴重なお話をありがとうございます。Bスポットのことはずいぶん前に聞いていましたが、耳鼻科的な技術を持っていず、実行したことはありません。思いもよらない治療方法があることは確かですが、現在の医学医療は、病気の真に有効な予防法はもちろんですが、確実な「原因解明」も、確実に有効な「原因療法」も嫌われているが実情だと思っています。原因が明らかにされるのは感染症以外では非常に少ないと感じていますが、原因解明が本当にできないのか、資本の力で解明が阻害されているのか、その判断は難しいと感じています。病気の原因療法については、特に食物など環境物質については可能になったと思っていますが、十分な検証をしないままの引退となっています。ホームページに述べてもきましたが、近いうちにその修正とまとめ直しをし、またあらためての経過を含めて小冊子纏めようと思っています。

izumi へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です